メールマガジン「科学日誌 寄付版」を創刊

 現在、日本における研究活動は主に政府からの科研費によって成り立っています。科学技術の促進を国から支援していただきたいへんありがたいのですが、科研費からの研究資金は研究不正をなくすために数多くの制約があり使いにくい面が多くあります。また、近年の財政難により、科研費は今後減少していくことが予想されます。さらに、若手研究者が研究費をとることはとてもむずかしい状況です。

 そこで、まぐまぐから有料メールマガジン「科学日誌 寄付版」を創刊し研究に対する寄付をお願いすることにしました。2015年9月からスタートし、毎月第1,3日曜日にメールマガジンを配信し、月額500円(税別)です(最初の一ヶ月は無料)。内容はおもに以下の通りです。

  1. 生物学に関わる最新研究の動向と解説
  2. 時事に関して私が考えたこと
  3. 私の研究報告
  4. Q&Aコーナー

資金はすべて研究活動に使用させていただきます。

 科学の発展は私たちの生活を大きく改善しました。今後も科学による革新は続くでしょう。特に生物学研究は発展途上であり、今世紀最も進む学問として期待されています。この生物学の発展を皆様と力を合わせながら推進していきたいです。ご支援していただければ幸いです。

「科学日誌 寄付版」の登録はこちらから

※無料版もありますので、寄付版の登録を検討したい方はまず無料版をお試しください。以下のフォームから登録できます。

メルマガ「科学日誌」の購読申し込み

 毎月、科学に関する出来事の解説やその月にあった私的な出来事をメールマガジンで配信しています。ブログでは書きにくい身近にあった話を中心にお送りします。下記のフォームにメールアドレスを記入し登録ボタンを押すだけで購読できます。購読料は無料で、いつでも配信停止が可能です。最新号以外はNoteで有料販売しております。

 




>>配信記事のサンプルはこちら

著者:安井 真人(やすい まさと)