クラウドファンディング型の研究資金集め

 従来型の研究資金の集め方は、国による科研費によるものである。国が予算を決め、その予算を科学者へ配分するのだ。税で賄われているため、科研費を獲得するのも使用するのも厳しい制限がかけられる。

 出来る限り、成果があがりそうな研究を選択して配分するよう努力している。そのため、研究成果が上がりにくい分野で研究費を獲得するのが難しくなる気がする。また、不正な研究費の使用がないようなチェックもしっかり行っている。そのため、書類仕事や事務手続きも多くなり、研究と関係ないところの仕事が増えるというデメリットが生じる。

クラウドファンディング型の研究資金集め

 一方、最近になってクラウドファンディングによる研究資金が行われるようになってきた。インターネット上で、研究費の寄付を募るのである。特に有名なクラウドファンディングサービスは「アカデミスト」である。アカデミストでは、寄付金の額に応じて、様々なサービスを提供する形で寄付を募っている。例えば、1000円以上寄付してくれたら、論文が完成した際にお送りしますといった感じだ。試しに寄付してみるのもいいだろう。

 では、クラウドファンディング型の研究資金はいくらくらい集まるのだろうか?実際にアカデミストで行われているプロジェクトを見ると、100万円くらいの研究資金を集めることに成功している。まだまだ、始まったばかりということもあるので、今後は1000万円以上を集める研究者も出てくる可能性は大いにあるだろう。

 クラウドファンディング型で研究資金を集めている人の多くがフィールドワーク系の研究を行っている人が多く見られる。フィールドワーク系とは屋外に出ていき研究を行うものである。例えば、これまでにない植物を見つけるだとかである。なぜフィールドワーク系でクラウドファンディングが盛んなのかは謎であるが、もしかしたら科研費が取りにくくなることの危機感が強いのかもしれない。実際に最近、日本版NIHなど応用に期待できる科学研究への科研費の流れが強くなっている。

クラウドファンディング型の研究資金集めが今後主流になる!?

 国の借金の状況を考えると、今後も国依存の研究費獲得が継続するかは疑問である。高齢化で社会保障費は年々増加する。一方、少子化によりGDPは減少していくだろう。そのため、科研費の総額が徐々に減らされる可能性は大いに高い。このことを考えると将来的にはクラウドファンディング型の研究資金集めが主流になることは大いに起こりうることである。

研究者がすべき対策

 研究者が行うべき対策いたって簡単である。それは、なるべく多くの研究支援者(ファン)を募ることである。具体的にいうと、ツイッターなどのSNSのフォロワー、ブログの購読者、メルマガの読者数などである。そのため、ブログ、ツイッターなど可能な限り、メディアへの露出を増やす努力をしなければならない。また、講演会なども積極的に開く必要があるだろう。

 研究者の中には、研究成果を出しつつ、メディアへの露出を増やし多くの人の共感を得ることは非常に大変であるように思われるだろう。しかし、インターネットの発達やスマートフォンの出現により、個人でも情報発信が容易になってきた。いつでもどこでもインターネット環境に接続でき、写真をとってブログで公開することが可能である。ブログの記事もスマートフォンでどこでも書ける。隙間時間は多い、実験の間合いであったり、通勤時間中だったり、積算すればかなりの量になる。この隙間時間を有効に使えば、研究と情報発信は大いに可能であろう。

 また、インフルエンサーと呼ばれる社会に対して影響力の強い人と、仲良くなっておくのも重要であろう。研究資金をクラウドファンディングで集める際に手助けしてくれるかもしれない。インフルエンサーの破壊力はばかにならないのである。

 

 将来、何が起こるかわからない。そのため、起こりうる最悪の事態に備えて、日頃から準備をしておくことは極めて重要なのである。

著者:安井 真人(やすい まさと)