家事をしたくない人必見-家事の自動化を真剣に考えた結果-

 家事は面倒臭いものです。わたしも一人暮らしを始めて数年になります。掃除・洗濯・料理と家事はたくさんあります。家族で住む場合は家を複数人でシェアするため、効率がいいです。しかし、一人暮らしの場合はすべて自分ひとりでやらなければなりません。そのため、食事がおろそかになったり部屋が汚くなりがちです。よって、いかに家事を効率的に行うかは、時間節約はもちろんのこと健康や楽しく日々を過ごすために重要です。私は生活の重要性を十分理解しており、一人暮らしを始めたその日から日々家事の効率化を考察し実行してきました。ここでは、この考察結果について記述するので、参考にしていただけたらと思います。

床掃除はルンバ

 床掃除に関しては、掃除機でする人が多いと思います。しかし、掃除機の場合は、掃除機を押し入れから出したりしまったりするのが面倒です。そこで、どうするかというとルンバを使用します。ルンバならば、毎日出かける前にスタートボタンを押すだけで床掃除を完了です。これで常に床を清潔に保つことができ、ホコリによるアレルギーの誘発を軽減することが可能です。ただし、ルンバが掃除できるくらいものが床に置いていないのが条件ですが。

洗濯は乾燥機付き全自動洗濯機で

 洗濯では、乾燥機付き全自動洗濯機を使用します。乾燥機能付きのため、ベランダが必要ありませんし干す必要がありません。洗濯物を入れて、ボタンを押すだけで洗濯は終わりです。しかし、乾燥機付きでも洗濯をたたむ必要があります。もし、たたむのが面倒なら、後述する家政婦さんをやとい、前日に洗濯を終わらせたたんでもらいます(毎日、家政婦は雇えないので、1・2週間分の服を準備していっきに洗う)。もしくは、洗ったものをすべてかごに放置するのもありでしょう。しわになるかもしれませんが、その辺は気にしない。

寝る際はベッドを利用

 布団でなくてベッドを使用します。布団の場合、たたんだりしまったりする動作が無駄です。ベッドはスペースをとりますが、時間はとりません。よって、迷わずベッドを選択します。(一時期、たたむ必要がなくスペースをとらない寝袋を試しましたが、疲れが残るので廃案になりました。)シーツを交換する必要がありますが、その辺は後述の家政婦さんにお願いしましょう。

お風呂はジムで済ます

 お風呂に関してはスポーツジムで済ませます。スポーツジムはたいていお風呂がついているので、それを利用します。体を鍛えることもでき一石二鳥です。毎日入ることはできませんが、2・3日入らなくても匂うことはないので大丈夫!?です。嫌な人は毎日ジムに通いましょう。

コナミスポーツ

紙はすべてPDFにする

 ものをたくさん保有すると、片づけるのに労力を要し、家が散らかります(熱力学第二法則)。ですから、なるべくものを持たないのが基本的な戦略となります。最近ITの発達により、書籍や取扱い説明書などの紙をパソコンなどに保存することが可能となりました。ですから、もし書籍などを持っているなら、すべてPDF化することをお勧めします。PDF化はBOOKSCANというサービスを利用することで可能です。

 また、書籍を購入する際は、Kindleなどの電子書籍を購入するようにします。Kindleで購入することで、ネットにつながっていればいつでも書籍を読むことができ便利です。また、パソコン、タブレット、スマホなどあらゆる端末で書籍を読むことが可能です。

自動化できない場所は家政婦を利用

 残った細かい家事(トイレ・風呂掃除など)は家政婦サービスを使用します。一時間3000円くらいで利用可能です。予算に合わせて、月に数回家政婦さんに自動化できない場所の掃除をアウトソーシングしましょう。

家計簿はマネーフォーワード・支払いはクレジットカードで

マネーフォーワード

 どの程度お金を使ったかを把握しておきたいものです。しかし、家計簿をつけるのは面倒です。そこで、使用するのがマネーフォーワードというサービスです。このサービスを使うと、登録したクレジットカードや銀行口座情報を読み取って家計簿をつけてくれます。まったく手間がかからないので、マネーフォーワードで家計をチェックします。

 また、支払いは現金ではなくクレジットカードで払うようにします。クレジットカードならポイントも付きますし、マネーフォーワードによる分類が容易になります。なにより財布が軽くなり、支払いが簡単です。なるべく現金でなくカードで済ますように心がけましょう。

食事はすべて外食、無理ならヨシケイ

 食事に関しては、すべて外食ですませます。ただし、都市部の場合はいろいろな店があっていいのですが、都市部でない場合は店が固定化されてマンネリ化します。また、毎日外食の場合、お金もある程度かかります。毎日、外食が難しい方は、ヨシケイのサービスがいいでしょう。ヨシケイのサービスでは、栄養士が考えた献立の材料が自宅に配送されます。そのため、送られてきた材料とレシピに沿って料理を作るだけです。調理が必要で面倒ですが、レシピを考える必要がないので、案外楽です。外食が厳しい人は試してみるといいでしょう。料理の勉強にもなります。私もこのサービスで済ませています。2食分あるので夜作って、その夜と次の日の昼に食べます。朝は適当にコンビニとかで済ませます。一日1500円くらいで月45,000円が食費となります。

ヨシケイ

自炊をするなら食洗器を導入

 すべて外食ですます方は必要ないですが、自炊をするという方は食洗器を導入しましょう。一人暮らしで食洗器!?と思われる方も多いと思いますが、一人暮らしようの食洗器は販売されています。あまりスペースを取らない上、食器を自動で洗ってくれるので便利です。鍋を食洗器で洗えるように取っ手が外れるものを購入するといいでしょう。食事が終わったら、食洗器に食器をや鍋をいれてスイッチを押すだけ。楽ちんです。

 最後に

  いかがだったでしょうか。以上のことは初期投資がかかりますが、一度そろえてしまえばかなり家事が楽になります。また、家政婦にせよ月1万円程度です。もし、導入してないようでしたら、試してみることをおすすめします。以上に述べた方法はまだ完ぺきではありません。例えば、服に関しては、ジムが服の貸し出しサービスをすれば洗濯の必要すらなくなります。また、料理に関しては、ヨシケイだと野菜を切る必要がありますが、はじめから切ってあればその時間を短縮できます。しかしながら、改めて振り返ると、家電の発展は私たちの生活をかなり豊かにしたことがわかります。今後のさらなる発展に期待です。

著者:安井 真人(やすい まさと)