CBI学会2015年大会で講演します

CBI(Chemi-Bio Informatics society)学会で講演を行います。日時や場所は以下の通りです。 日時:2015年10月27日(火)14ー15時 場所:タワーホール船堀 5F小ホール(250) 細胞性粘菌における細胞運動の仕組みや、走電性実験により細胞がどのようにノイジーな外部シグナルを感知しているのかについて解説します。

>>詳細はこちら

第53回日本生物物理学会年会で発表します

第53回日本生物物理学会年会

 第53回日本生物物理学会年会で口頭発表します。アメーバ運動のモデル生物である細胞性粘菌がどのような仕組みで動き、外界からの信号を処理しているのかについての研究発表です。

メールマガジン「科学日誌 寄付版」を創刊

科学日誌 寄付版

 現在、日本における研究活動は主に政府からの科研費によって成り立っています。科学技術の促進を国から支援していただきたいへんありがたいのですが、科研費からの研究資金は研究不正をなくすために数多くの制約があり使いにくい面が多くあります。また、近年の財政難により、科研費は今後減少していくことが予想されます。さらに、若手研究者が研究費をとることはとてもむずかしい状況です。

音声認識の活用

2016年06月12日

 近年人工知能によって音声機能の精度が飛躍的に向上してきた。試しにiPhoneを使って音声認識を試して欲しい。かなりスムーズに音声を文章に変換され非常に驚く経験をするはずだ。ここではこの音声認識の活用法について紹介する。

パソコン

Googleが囲碁名人を破った方法

2016年03月14日

 囲碁名人がついにGoogleによって開発された人工知能によって敗れた。はたしてGoogleはどのようなアルゴリズムによって囲碁名人を負かしたのであろうか? ここではNatureの論文を解説し、Googleのアルゴリズムをざっくり理解していただこうと思う。内容は決して簡単ではないが、なるべくわかりやすい説明をこころがける。

f1000

面白い論文を簡単に探せるサービスFaculty of 1000

2016年02月10日

研究者は実験に一番時間を投資すべきだと私は考えている。しかし、研究テーマを考察する際はどうしても最先端でどのような技術があり研究がなされているかを知っておくことは有意義である。そのため、いかに効率よく最先端の研究を頭に叩き込むかが重要となる。最近、論文インプットの効率化を模索していて、Faculty of 1000というサービスに目がいった。ここでは、Faculty of 1000というサービス内容について紹介する。

アマゾンfireTVstickでツタヤを自宅に

2016年01月24日

多くの人はツタヤへいってDVDを借りて自宅で映画を見ていることだろう。このありふれた慣習が近い将来なくなりそうである。このように考える理由は「アマゾンfireTVstick」の存在のためである。ここでは、アマゾンfireTVstickについて紹介する。

エプソンのプロジェクタEB-W420のレビュー

2016年01月22日

大画面で作業がしたかったのと、プレゼンで使用したいということもありエプソンのプロジェクタEB-W420を購入しました。ここでは、EB-W420を使ってみた感想について述べていきます。

広告をブロックできるアプリ「Adblock Plus」

2016年01月21日

サイトなどを閲覧すると、数多くの広告があります。広告をクリックすると、そのサイトに収益が入る仕組みになっています。広告はサイト運営者が記事を書くモチベーションになっていいのですが、閲覧者としては無くしたいです。そこで、今回紹介するアプリは、広告を消してくれる機能をもつ「Adblock Plus」です。Adblock PlusはHTMLを解析して、広告を自動で表示させなくしてくれます。広告を読み取らないので、通信量をおさえられ読み込みも早くなるといわれています。ここではiPhoneやMacにおける「Adblock Plus」の使い方について解説します。

機械化が仕事を奪っていい理由

2016年01月16日

ロボットやITの普及は仕事を効率化する。仕事を効率化すると、当たり前だが仕事がなくなり失業者が増加する。よく機械化による失業者増は悪いという意見がある。果たして、機械化は悪なのだろか?

研究では人が一番大事

2016年01月16日

研究を推進させるのに最も大事な要素は何か?と聞かれたら、私は「優秀な人がいるか。」と答えるだろう。研究の進捗は人の能力に大きく依存する。そのため、いかに優秀な人材を集めるかは、研究室運営の上で最も重要な課題である。

「学力」の経済学の書評

2016年01月11日

 本書は、教育について統計的な根拠に基づいて議論すべきだということを主張した書籍である。日本の教育政策は、個人の感想にもとづき行われている。感想ではなく、統計データの基づいて教育政策を行うべき根拠について書かれている。

ベーシック・インカムをオランダで実験

2016年01月09日

最近、ベーシックインカムというキーワードをよく見かける。ベーシックインカムって何?と思われる方も多いだろう。ここでは、ベーシックインカムの意味と意義について示す。